スピカの のんびりなブログ~Shines wan~

Shines wanとは「青白く輝く」という意味w みんなを照らしつつ、自分も輝く・・・っということで 日常生活・ポケモン・はっちゃけたこと(ぇ を書いていきますw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

にゃっ

にゃっ!!! ・・・はい 解答しますw


問題1は分かった人も多いんじゃないかと思います

簡単にいえば・・・奇数だけを足していくとn²の式が見えてきますよ~
ちなみにnは試行回数(?)です

1+3=4(n=2) 1+3+5=9(n=3) ・・・・ねw

偶数の場合は
2+4=6(n=2) 2+4+6=12(n=3) →20(n=4)

わかりますぅ? n(n+1)の式ができてるんですよ~
偶数の式を展開すると n²+n になりますね

差を求めればよいので、(偶数)-(奇数)でやります
すると、のこったのはnのみ!

・・・・そうです nは試行回数(?)なので、求まったも同然ですねw
答えは100
ちなみに、奇数の和は10000で、偶数の和は10100になります~


問題2・・・実は、答えを無くしたんで僕も解いたんですよw(ぇ
合ってるかどうかの保証はできませんよ☆(←


(1)は解答がどうだのっていうよりかは、精神的・5円チョコの個数的に
きっと無理w

(2)からが本番ですねwそうですよねw
その答え(解答付き)を無くしちゃったんだよね アハハハハハハwww((
とりあえず、もう一度解いた時の解法で説明していきます~

まず、所持金の面に関してまとめていきます

まず、7日で600円が(お小遣いとして)手に入ること
そして、兄弟が誕生日にもらえる金額を足すと11600円になること

誕生日の日数に関することは、まぁ・・・フェイクですw

この問題で必要となってくるものがあります
これを解いて、且つ解けた人はもうわかりますよねw

シグマの公式を利用しないと・・・これは厳しいですよねw;

  n
  ∑ak=a₁+a₂+a₃+・・・
 k=1

たぶんこんな感じの公式だったような気がするんですが・・・
結局これって

  n                n(n+1)
  ∑k=1+2+3+・・・=―――――――
 k=1                 2

の一番左側の式をa倍した・・・ということですよね

授業習ってないんで、まだ何とも言えませんが;

それでですねぇ、日数を求めるんですけど・・・
これは力技で解かないとダメみたいですねw
きちんと順序を踏めば・・・出来なくはないですよねぇ

僕の場合は「20日ごとに何円使うことになるか」を求めました~

それで、その時の日数によってもらえる「お小遣い」も求めます

こんなことをしていると時間はかかりますが・・・・・・・

求めてみたところ、nが100のときに750円が不足するらしいです
(先ほどのシグマの公式にa=15を代入し、nに日数を入れて計算します
ちなみに99日の場合だと、750円余ってしまいます)

なので、(2)の答えは100日後
ねwフェイクだったでしょw? 誕生日の日数w☆(((
(3)は(2)がわかれば簡単ですねw(a=15を代入したときのみですが)

(2)でシグマの計算式にn=100のときの金額が求まりましたよねw?

その答えを5で割ればいいのです!

よって、答えは15000個

一人当たり5000個・・・ ・・えw絶対に無理www


・・・・あwそうそう、a=15についてなんですけど
1日で5円チョコが3個ずつ増えるので、5×3=15
ということですよ~

やっぱり以前に出したような問題のほうが解いてて楽しいから、
こういう形式の問題は止めにしよう・・・

解答を無くさないようにもしようw; 疲れたw;
[ 2010/04/23 03:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。